車査定 基準

車査定の基準と準備すべきこと

車を売るときにはできるだけスムーズなやり取りで済ませたいものですが、何か準備すべきものはあるのでしょうか。

 

売却時に必要なものとしてまず挙げられるのは、車に改造などを施している場合には「純正パーツ、ノーマルパーツ」を準備しておきましょう。

 

一般的に買い取り店は改造が無いノーマルな車を求めますから、改造の際に「純正パーツ」を保管していたのであればそちらも用意しておいた方が良いでしょう。

 

またそれ以外で車を売るときに準備すべきものには「書類関係」が非常に多くなってきますので、買取点の説明はよく聞いておく必要があります。

 

まず普通自動車を売るときに準備すべきものには「自動車検査証(車検証)」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書(自動車税)」「リサイクル券(預託済みの場合)」などを用意しなければなりません。

 

加えて買い取り店と契約を結ぶことになりますし、後の書類作成でも必要になる「印鑑登録証明書」「実印」もなども必要になってきます。

 

また買い取り店側は「譲渡証明書」「委任状」を用意してくれますので、こちらへのサインも欠かせません。

 

さらに軽自動車を売るときに準備すべきものには「自動車検査証(車検証)」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書(自動車税)」「リサイクル券(預託済みの場合)」「認印」などと少々変わってきますので、このあたりも要チェックだといえます。

 

なお、免許証もコピーが必要になる場合もありますので忘れずに携帯しておきましょう。


トップページ 最大規模ガリバーの評判 買取に強いカーセブンの評判 登録多数の買取店で探す 厳格審査の安心な買取店